うたかたの記

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

category: スポンサー広告

tb: --   comment: --

河井寛次郎を訪ねて  

R0025178 (500x335)

河井寛次郎記念館。
吹き抜けの天井には滑車が吊るされていました。
これはまだレッカーなどがない時代、
工事のときに材料を2階に上げるのに使っていた道具です。
河井寛次郎は工事が終わってもこの滑車をそのまま残して、
自分の荷物を上げるのに使っていたそうです。
そして、今でもスタッフによって使われているそうです。

この滑車のある吹き抜けを中心に回廊式の間取りになっています。
中庭を通って奥には登り窯もあります。
河井寛次郎自身で設計したおうち。
ひとつひとつの部屋に彼の作品とお花が飾られており、
彼が生前、何に重きを置いて暮らしていたのか
空気を吸うように自然と伝わってきた、
ような気がします。

R0025175 (380x276)
一番好きな場所。








にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

category: 日々のこと

tb: --   comment: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。